USAGIのらいぶれぽ〜と〜(2004.5)

いつ?どこで?

コメント

2004年5月31日

浅草HUB

5月のラストを飾る、浅草HUBのデキシーキングスのライブ〜(*^O^*)

薗田さんが体調を崩されてお休み中です。薗田さんがいらっしゃらないキングスはもしかしたら初めて見たかも知れません。早くお元気になっていただきたいですね。でも!浩ちゃんや客演の中島三郎さんを始めとしたメンバーの皆さんの後を守るぞっていう、気持ちが伝わってきて、キングステイストのハッピーなライブでした。

浩ちゃんは、薗田さんからのメッセージの紹介や全体のMCなど、大車輪の活躍ぶりで大変そうでしたが、すごく頑張っていました。ドラムソロ(♪Dark Eyes)も、ウォッシュボード(♪12番外ラグ)もとってもカッコ良かったです〜(^^)

それから浩ちゃんのお義兄様の露の五郎師匠が見えていて、途中でご挨拶をされました。お体をこわされて退院したばかり(浩ちゃんは病院から逃げたした(笑)と言ってましたが)と聞いていたので、心配していたのですが、お元気な笑顔でステージに上がられてご挨拶をされる姿に、舞台人としての気迫みたいなものを感じて、凄く感動したUSAGIなのでした。

何はともあれ、ラストの♪バーボンストリートパレード〜聖者の行進♪のお客さんのパレードまで、楽しい時間をありがとう!!

       

     浩ちゃん、紗英姉ちゃんさん、露の五郎師匠    恒例のお客様のパレード〜(*^O^*)

********************

この日は、五郎師匠の奥様(浩ちゃんのお姉様)の紗英姉ちゃんさん(^^;とも初めてお話できて、とても嬉しかったです(*^O^*)もちろんキリ番(2000)ゲットの賞品も手渡すことが出来ました。

キリ番5000の映ちゃん(言わずと知れたHUBの店長(笑))にもキリ番賞品FINEST JAZZ MENうちわを贈呈いたしました〜。次のキリ番は10,000番です。新しい出会いがあると嬉しいですね。

鹿児島県姶良郡吉松町

『桶寄川ホタルコンサート』

浩ちゃんから、九州遠征のレポートがきました〜(^^)/。

**************

桶寄川ホタルコンサート。ホタルが一杯出ると言う川の土手にステージを作り、客席は川向こう、約3、40メートル離れた場所、「エッ!こんなに離れているの?」心配しながらも、ステージ時間が迫ってくる、川の土手沿いには、灯籠を200個位並べ、暗くなると共に雰囲気が盛り上がり、演奏へ。拍手や、歓声など聞こえるはずも無く、しかしお客様達は、手振り、身振りで、感動を表して頂きました。ホタルもキングスの演奏に合わせて、踊って居るように見えました^^;又来年も、と言う声が聞かれました。

山に囲まれた吉松町、名物の流しそーめん!ホタル、暖かい町の人たちに囲まれたキングス!幸せでした\(^o^)/来年も行きたいなぁ!鹿児島大好き!焼酎も^^;

 2004年5月19日

浅草HUB

きゃ〜〜〜!!(*^O^*)今回も凄かったです〜!Finest Jazz Menの浅草HUBライブ〜!もちろんお客さんは一杯で、バンドメンバーもノリノリですっ♪

New Orleansと中国から帰ったばかりのステージで、浩ちゃんのお話も旅の思い出が一杯でした(^^)演奏も、始めからラストの♪聖者の行進まで、まるでNew Orleansにいるような気分にさせてくれましたよ〜(^^)今回は自信ないのですが、メニューを載せて見ますので、もし間違いを見つけたらご指摘お待ちしております〜(^^;

**************

この日は、写真を撮るベストポジションをゲット(^^;自分としては結構よい写真が取れたと、自己満足に浸っております(笑)

BBSにゴンタザエモンさんが書いていましたが、ホントにこれまで3回のライブはバックステージシートを開放するほど一杯のお客様でした。8月までの限定ってことでしたけど、これからもこの調子で行けば、もしかしたらレギュラーも夢じゃないかもしれませんね〜(^^)

皆でFinest Jazz Menを応援して、HUBレギュラーをもぎ取りましょう〜♪

 2004年5月16日

三郷JAZZ CLUB

後藤雅広とSwing Makers

今回は写真を少し加工してみました

埼玉県の三郷市というところで、後藤雅広とSwing Makersのライブ。地元のJAZZ愛好家の方々の集まりでした〜(^^)。

50名ほどのお客さんがいらっしゃいましたが、皆さんお知り合いらしく、とても和やかな雰囲気でした。

メンバーは、後藤雅広(Cl)・後藤千香(Pf)・田野重松(B)。SwingからDIXIEまで、バラエティにとんだ演目で、USAGIも取材(?)を忘れて、すっかり楽しんでしまいました。

浩ちゃんは、帰国直後お仕事続きの疲れも見せずに、Dard Eyesを始めドラムソロを連発(*^O^*)。と〜ってもカッコ良かったです。お客さんたちももちろん物凄く喜んでいらっしゃいましたよ〜(≧▽≦)

途中で、リクエストにまで応えてもらっっちゃって、とっても幸せだったUSAGIなのでした。ちなみにリクエストしたのは、リバーボートシャッフルでした。

 2004年5月14日

銀座CYGNUS

  

銀座シグナスで、花岡詠二カルテットのライブ。いつも通りのリラックスした雰囲気で、ステキにSwingです。今日はステージ正面のベストポジションに座って、時々ステージのボケに突っ込みを入れたりして(笑)、楽しかったです〜。

カルテットの編成は写真の通りCl・Vib・Dr・Pf。この編成だとドラムは控えめながらも全体を支えていて、やっぱり浩ちゃんじゃなきゃ〜(*^O^*)と思います。花岡さんも、時々(笑)言ってますが、さすが!和製ジーンクルーパーですね。

花岡さんと浩ちゃんは、前日に上海から帰ってきたばかり。BBSにも書きましたが、帰りの飛行機がトラブルで一旦引き返し・・・4時間遅れで成田へついて、ギリギリで次の仕事に滑り込んだそうな。花岡さんは、なんとシグナス2日連続出演なんだって(^^;。二人とも本当にお疲れ様です〜m(__)m

途中で、前日花岡さんと一緒にシグナスに出演されていたTpの光井章夫さんが遊びにいらして、2ndステージで演奏と歌も聞かせていただきました。Tpが入ると急に演奏が派手になって、これまたとってもカッコ良かったです。

この日はさすがに花岡さんと浩ちゃんは、二人とも少々お疲れ気味にみえました。休憩時間に上海の土産話なぞ聞きながら、少し二人の体のことも心配だった、USAGIなのでした。